• トップ /
  • 家探しには複数の不動産業者を

家探しは情報が重要です

家探しを行う際、住みたい地域の複数の不動産業者に話をするのが必須と言えます。家を売却する側としては、より多くの人に家を見て貰うために複数の不動産業者に仲介を依頼しますので、各々の不動産業者が同じ物件を持っていることが多いです。しかし価格については業者ごとに異なり、手数料などの額を考慮すると家のトータルコストに差が生じます。また、少数ではありますが各々の業者独自の物件もあります。家探しを行った上で気に入った物件が見つかったときは、他社で提示されている価格を必ずチェックしましょう。不動産業者は多数の物件を取り扱っていますので、それぞれの物件に他社がどの程度の値段を付けているのかを把握しきれていません。もし提示された価格よりも低い価格で販売している業者が見つかれば、その値段まで下げるという交渉が可能になります。お得に家探しをするには、とにかく安く販売されている事実が重要です。しかし、複数の業者と同時に話をしていることはあまり印象の良くないこと(他社と話をしている以上、成約率が低いと思われる)なので、なるべく秘密にしておくのがベターです。内覧に行くときなどは他社の担当者と鉢合わせをすることがないようにしたいものです。偶々会ってしまうのは防ぎようがありませんが…。

↑PAGE TOP